https://aftertimes.net/wp-content/uploads/2016/10/neck-line-thum.jpg

今年のニットは首元がポイント! 流行のネックライン&コーディネート術

小笠原イナミ

小笠原イナミ

アフターファイブは徐々に冷え込み、アパレルショップには多くのニットが並びます。定番アイテムのニットで周りと差をつけるなら“ネックライン”に注目。流行のネックラインの種類と特徴、そしてコーディネートを紹介していきます。

2016年注目のネックライン3つとそのコーディネート

2016-2017AW(秋冬)は昨年に引き続き、70~80年代を感じさせるようなファッションが多くみられます。アニマル柄やファーなど、温かみのあるデザインが特に人気を博していますね。流行のアイテムは、小物をコーディネートに取り入れるのがお手軽です。

トップスは定番のニットの出番です。トレンド感あふれる小物と合わせるために、さりげなく襟元のデザイン“ネックライン”で流行を盛り込むのが今年流。様々なデザインのネックラインの中から、今年注目の「ボートネック」「Vネック」「ボウタイ」を見ていきましょう。

ボートネック

今年は首まわりが肩まで大きく開いた “オフショル(オフショルダー)”が流行ですが、露出が多くて挑戦し辛いという方も少なくないでしょう。

そこでオススメなのが“ボートネック”です。船底のように横に広く、縦に浅いネックラインは、露出が少なくセクシーになりすぎません。首回りがすっきりすることで小顔効果も期待でき、さりげなく覗く鎖骨が女性らしさを際立たせます。

オススメのコーディネート

ボートネック×ワイドパンツ

女性らしさが際立つボートネックのトップスには、スパイスの効いたワイドパンツを合わせて、甘すぎない印象に。シンプルなコーディネートなので、靴やバックなど、小物で遊ぶ楽しさがあります。今年流行のレザーは、クラッチバックで取り入れると、都会の洗練された空気の似合う、大人なコーデに仕上がります。

深めのVネック

またまた発見?新作ニット? ユニクロニット続々入荷中! そろそろ、皆さんも#ニットな気分 じゃありませんか?⁉️ ニットコーデには、 #ニットな気分 ←つけてね。 ユニジョのコーデがユニクロオンラインのニットのページで見れますよ? #ユニクロニット族 ‼️ * @mario_dozono さんより このルーズなサイジングと上品なグレージュに一目惚れ?? やらしくない程度の胸元のVの開きも好み。 * womem オーバーサイズVネックセーター…¥2990円+TAX.品番:188474 * ユニジョの皆さん @mario_dozono さんのIGに、素敵なコーデがたくさんありますよ。素敵な写真をありがとうございます。✨ (photo by @mario_dozono ) * #オーバーサイズVネックセーター #ユニクロの輪 #広がれユニクロの輪 #カジュアルコーデ #UNIQLO #UNIQLOGINZA #FASHION #outfit #ootd #ユニクロ #ユニクロ銀座 #ファッション #今日のコーデ #プチプラ #coordinate #ユニジョ #今日の服 #プチプラファッション #ママファッション #ママコーデ #プチプラコーデ #lookoftoday #outfitoftoday #ユニクロニット族#uniqloginza2016fw

A photo posted by @uniqlo_ginza on

首元がV時型に開いている“Vネック”は、毎年人気のデザインです。定番アイテムですが、今年のトレンドは大きく胸元が開いた、深めのVネックです。同じく流行っている“ビッグシルエット”と合わせることで、ほどよい抜け感を出すことができます。

オススメのコーディネート

ビックシルエットで深めのVネック×ミディ丈のタイトスカート

オーバーサイズのトップスは、タイトスカートにインすることでスタイルアップできます。ボーイッシュなビッグシルエットトップスも、Vネックから覗くデコルテと、ボディーラインの出るタイトスカートで、女性らしいコーディネートになります。

ボウタイ

ネックラインとはやや異なりますが、襟が“ボウタイ”になっているデザインは、今年の春夏から引き続き人気があります。1点投入するだけで、地味になりがちな秋冬のコーディネートも華やかになります。

オススメのコーディネート

ボウタイトップス×スエード台形スカート

可愛らしいボウタイトップスは、今年の秋冬流行の台形スカートと合わせることで、デートにピッタリのコーディネートになります。ファーの付いたブーツと、細身のアクセサリーを身に付け、トレンド感あふれる最強モテコーデの完成です。

(文・小笠原イナミ)

ライタープロフィール

某企業の事務を務めるOL。
アフターファイブは何度もファッション誌を読み返し、現実逃避に没頭する。会社は制服なので、新しいコーディネートを披露する機会が少ないのが悩み。