https://aftertimes.net/wp-content/uploads/2016/10/coat.jpg

トレンチコート ファッション ネイル

定番アウター「トレンチ」“こなれ感”のある着崩しテクニック

小笠原イナミ

小笠原イナミ

トレンチコートといえば、秋の定番アウターのひとつですが、ボタンをしっかり締めて正しく着ているはずなのに、どこか古臭い印象になってしまう……そんな方は意外と少なくありません。そこで、こなれて見えるトレンチコートの着崩し方を紹介します。

該当したら残念女子? トレンチ着こなしNGポイント

こなれ感のある着崩し方を紹介する前に、トレンチコートの着こなしでありがちな、NGポイントを挙げていきましょう。どこかださく見えてしまう“残念女子”にならないように、まずは基礎知識としてチェックしていきましょう。

ベルトを垂らす

ベルトを垂らしたままにすると、どうしてもだらしない印象になってしまいます。結ぶのが面倒な時は、あらかじめ後ろで結んでおいたり、ポケットにインしたりもありです。

アウターの丈よりボトムの丈が長い

パンツコーデやロングスカート、ショートトレンチなどもあるので一概には言えませんが、アウターの丈よりボトムの丈が長いと野暮ったく見えがちです。トレンチコートに対するボトムの丈は同じくらいか、それより短いのがスタイリッシュでしょう。

こなれ感のポイントは2カ所の着崩し

それではいよいよ本題。こなれ感のあるトレンチコートの着崩しテクニックを紹介します。

トレンチコートは、着崩さずにかっちりと着てしまうと、どうしても堅苦しい、古臭い印象になってしまいます。そこで、こなれ感を出しつつもだらしないイメージにならないように、“袖を折る”דボタンを開ける”など、2カ所の着崩しをオススメします。

襟を立てる×袖を捲し上げる

トレンチの襟は、肌寒い季節に少しだけ立てると、こなれた雰囲気を出せます。シャツの上に着る時は、トレンチの襟の方がシャツの襟より上に来るのが今どきです。

袖口はインナーのシャツを出して折り返すことで、お洒落なアクセントになります。

ボタンを開ける×ベルトをポケットに入れる

今年らしい“たゆんだ”シルエットを出したい時には、トレンチのベルトは結ばずにポケットにインしましょう。ボタンを全開にしてルーズに着こなせば、定番のアウターも一気に旬の顔に。

ビックシルエットのボトムスと合わせると、更にトレンド感あふれるコーディネートに仕上がります。

ボタンを開ける×ベルトをゆるく結ぶ

?????

A photo posted by Maki (@maki_ag) on

定番のトレンチコートを、今年流行のガウンコートのように着崩す方法です。ルーズなのに女性らしい体のラインも強調され、大人女子にぴったりの着こなしです。

さらにプラスアイテムとして、同じく流行のファー付きのパンプスや、アニマル柄のクラッチバックを合わせるのがオススメです。

(文・小笠原イナミ)

ライタープロフィール

某企業の事務を務めるOL。
アフターファイブは何度もファッション誌を読み返し、現実逃避に没頭する。会社は制服なので、新しいコーディネートを披露する機会が少ないのが悩み。