https://aftertimes.net/wp-content/uploads/2016/09/ningyocho_densui_sub1_thum-1.jpg

人形町田酔 門仲の酒場 トップ

“おむすび酒場”がコンセプトの居酒屋が門前仲町にオープン

「おむすびと日本酒」がテーマの居酒屋『人形町田酔 門仲の酒場』が9月7日に東京都江東区の「門前仲町駅」そばにオープンする。

人と人を“むすぶ”という想いをコンセプトにした“おむすび酒場”


人形町田酔 門仲の酒場 ロゴ同店は、オリジナルの酒肴や魚沼十日町のこしひかりのごはんが楽しめる割烹料理店「人形町 田酔」が新たに送る和食居酒屋。厳選された純米酒や、注文を受けてから一つ一つ手作りで握られる“おむすび”、仕込みにこだわった串焼やおでん、旬の海鮮などオリジナルの一品料理も豊富に取り揃える。

また、ランチタイムには田酔名物・京風出汁巻玉子と一緒に提供する握りたての“おむすび”が楽しめる「おむすび御膳」もあり、昼も夜も楽しむことができる。

同店のコンセプトである「おむすび酒場」には、日本酒の原料でもある「米」を味わう料理としての“おむすび”と、日本酒とマリアージュされた酒肴によって、蔵元の酒造りへの想いと来客者を“結ぶ”場を結ぶ場、さらにコミュニケーションの場としての酒場を目指す、人と人を“むすぶ”という「結びの酒場」という意味が込められている。

米・海苔・塩にこだわった「おむすび」

人形町田酔 門仲の酒場 門前仲町 おむすび酒場

同店の特徴である“おむすび”は、新潟栽培米コシヒカリと佐賀県産有明海苔、淡路の藻塩が使用され、手作りにこだわったおむすびの具材には、常時40種類を取り揃え、日本酒の酒肴としても楽しむことができる。

『人形町田酔 門仲の酒場』(門前仲町店)

住所:東京都江東区富岡1-5-5金城ビル1F
営業時間:11時~14時、17時~23時頃
定休日:日・祝

画像ギャラリー

プレスリリース