https://aftertimes.net/wp-content/uploads/2016/11/onigiri-thum.jpg

おにぎりアクション SNS

おにぎり写真でチャリティー、100万円のクラウドファンディング達成

おにぎりの写真をSNSや特設サイトで投稿すると、発展途上国の子どもたちへ給食費が寄付できる「おにぎりアクション2016」は、開始16日で140人が参加し、第一目標金額の100万円を達成した。

「おにぎりアクション2016」目標金額の100万円を達成

おにぎりアクション READY FOR?

特定非営利活動法人「TABLE FOR TWO International」は、10月16日”世界食料デー”を記念し、おにぎりの写真投稿が開発途上国の給食になるプロジェクト「おにぎりアクション2016」をスタートさせた。

本企画は、おにぎりの写真をSNSまたは特設サイトで投稿すると、1枚の写真投稿につき給食5食分にあたる100円の寄付をアフリカ・アジアの子どもたちに寄付できる仕組みだ。SNSに投稿するには、ハッシュタグ「 #OnigiriAction 」をつけるだけで完了する。

10月11日の開始から16日後には140人以上が参加し、目標金額である100万円を達成した。特設サイトは28.4万を超えるPV(ページビュー)数を獲得し、SNS上ではTwitter, Instagramを中心におにぎり写真の投稿がシェアされた。

また、著名人の参加もあり、想像を上回る反響を得ている。今後は目標を300万円に設定し、11月30日まで引き続き寄付を募集していく。

「おにぎりアクション2016」(READYFOR)
https://readyfor.jp/projects/tablefor2

#godbless #onigiriaction ?

A photo posted by Dean Fujioka 藤岡靛 (@tfjok) on

画像ギャラリー