https://aftertimes.net/wp-content/uploads/2016/10/monsterhuntertherealsamune.jpg

USJに等身大モンスターを狩猟できる「モンスターハンター・ザ・リアル」登場

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは「ユニバーサル・クールジャパン 2017」の第3弾に続き、第4弾としてモンスターハンターシリーズをテーマとした『モンスターハンター・ザ・リアル』を発表した。

USJでモンスターを狩れる!『モンスターハンター・ザ・リアル』

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがこのたび発表されたのは、ゴジラ・エヴァンゲリオン・進撃の巨人に続く「ユニバーサル・クールジャパン 2017」第4のアトラクションとなる「モンスターハンター・ザ・リアル」。

モンスターハンターのアトラクションでは、過去には等身大のモンスターが動く姿を見られるイベントが開催されたが、今回は幅43mもの巨大スクリーンに映し出される30m以上の等身大モンスターを実際に狩ることのできる狩猟体感型パノラマシアター・アトラクションとなっている。来場者はモンスターを調査する書士隊として参加、途中では撃龍槍を発射してハンターを援護し、襲いかかる2体の狩猟を目指す。

登場する2体のモンスターには、モンスターハンターシリーズ10周年記念特設サイトで行われた、モンハンなんでもランキングで好きなモンスターランキング(古龍種編)1位を獲得した嵐龍”アマツマガツチ”と、2017年3月18日に発売される「モンスターハンターダブルクロス」の新モンスターである”バルファルク”が選ばれた。

アトラクションの開催期間は2017年1月13日~2017年6月25日まで。