https://aftertimes.net/wp-content/uploads/2016/10/TPE-SB-Hoanten.jpg

台北 スタバ 保安店 バロック建築

週末は海外のスタバに行こう! 台湾バロック建築のスターバックスへ

宮下あや

宮下あや

私は海外旅行の際、スターバックスに訪れるのが1つの楽しみです。日本に無いメニューやタンブラーがあるほか、その国で暮らす人々の日常を垣間見ることができます。今回は、実際に台湾旅行で訪れた現地のスターバックスを紹介します。

名古屋・中部国際空港発! 台湾旅行へ

週末を利用し、名古屋から向かったのは台湾の台北市。ジェットスターの格安航空券を押さえることができたため、片道1万円を切り、名古屋-東京間の新幹線よりも安い値段で、海外へ行くことができました。

中部国際空港 スタバ ピーチ フラペチーノ

まずは、中部国際空港のスターバックスで“ネクタリン ピーチ クリーム フラペチーノ”を飲んで、出発までの時間を潰します。

このフラペチーノは、底部にティーババロアが入っていて、ストローで飲むと一口目から口いっぱいに桃と紅茶の香りが広がります。甘すぎない優しい味わいで、ゆっくり過ごしたい時にはぴったりです。

中部国際空港 スタバ MD棚

中部国際空港のスターバックスには、地域限定のタンブラーやマグのほか、空港限定のタンブラーもありました。お土産に購入していく人も多いようです。

中部国際空港 ジェットスター

中部国際空港を出発し、約3時間のフライトで、台湾・桃園空港に到着。華金のアフターファイブに日本を出発すれば、土曜の朝から行動することができるので、日曜日の夜まで丸2日、たっぷりと観光することができます。

台北市に到着! お目当ては油化街にあるバロック建築の保安店

台北 スタバ 保安店 バロック建築

最初に向かったのは、MRT大橋頭駅から徒歩10分ほどの場所にある“スターバックスコーヒー保安店”です。今回の旅では、この店舗に訪れるのを楽しみにしていました。

保安店があるのは油化街というエリアで、昔ながらの乾物・漢方などの問屋が軒を連ねる場所です。特徴的なバロック式建築物をリノベーションした店舗が保安店です。

台北 スタバ 保安店 バロック建築

店舗の入り口には、この建物の歴史が紹介されています。漢字のみですが、なんとなくのニュアンスは伝わってきます。

台湾 スタパ ペストリー フード

店内に入ると、日本よりやや大きいペストリーが目に入ります。カットフルーツなど、台湾ならではの商品もありました。

台湾 スタパ タンブラー お土産

MD棚(※)には台北タンブラーの他に、ハロウィン商品やスターバックスのロゴであるセイレーンモチーフのアニバーサリー商品が並んでいます。

今の時期は日本のスターバックスでもハロウィン・アニバーサリーのプロモーションを行っていますが、同じデザインのものは見られませんでした。お土産にぴったりなのですが、スタバ全体の値段は日本とあまり変わらないので、特別安いという訳ではありません。

※MD棚…スターバックスの店内で、タンブラーやコーヒー豆などを陳列する棚のこと。MDはMERCHANDISEの略。

台北 スタバ 保安店 スタンプ

商品を注文して、バーカウンターでドリンクを待っていると、かわいらしいスタンプと、油化街エリアを紹介した小冊子を発見しました。

余談ですが、台湾のスタバのレシートは宝くじになっています。当選確認は2ヶ月に1回なので、再び台湾に訪れる必要がありますが、最大1,000万元(日本円でおよそ3,300万円 ※10/13現在)もの大金が当たります。海外からでもパスポートを持っていれば換金できるため、旅行の楽しみに一攫千金を狙うのも良いでしょう。

台北 スタバ 保安店 アート

こちらは1階のバーカウンター横にある世界地図の壁画です。お洒落!

台北 スタバ 保安店 階段

ドリンクを受け取ったら、客席へ。この店舗は、2・3階の客席へ行く際、一度店舗の外に出る必要があります。バーカウンター横の扉を出るとすぐに螺旋階段の見える入口があります。

台北 スタバ 保安店 ロープ

階段を見上げると、3階まで続くロープアートが目に飛び込みます。とても綺麗なので、写真を撮る観光客もいました。

台北 スタバ 保安店 客席

2階の店内は、路面側の壁が全てガラスになっています。外から差し込む自然光と、天井のシャンデリアのライトで、とても明るい印象のフロアーです。

台北 スタバ 保安店 客席

奥は3席ほどの小さな部屋になっており、プライベートな空間でゆったりとくつろぐことができます。

台北 スタバ 保安店 客席

3階に上がると、昔ながらの木製の窓がありました。証明は豆電球で、どこか懐かしい印象です。

店内の散歩が済んだのでドリンクをいただきます。今の時期のメニューは日本とあまり変わらなかったので、台湾といえば紅茶! ということで、“蜜柚紅茶”をオーダーしました。

台北 スタバ 保安店 蜜柚紅茶

カップを見てみると、「hello >u<」というメッセージが。

ほんの一言ですが、ほっこりとした気持ちになります。味は、甘さ多めのシトラスティーといった印象で、氷を溶かしながらゆっくりいただきました。

最近“TEAVANA”という紅茶専門のブランドが、日本や台湾のスターバックスに上陸しました。スタバの紅茶の味は、万国共通のようです。

街にはスターバックスがたくさん!

保安店の他にも、台湾にはスタバが多数点在しています。そこで、観光ついでに利用可能な、MRT(地下鉄)で行けるスターバックスもいくつかピックアップして紹介いたします。

台北 西門 スタバ

日本の原宿のような繁華街・西門の中心地には、セブンイレブンの上にスタバがあります。Wi-Fiの繋がるスタバで、買い物の休憩に利用したいですね。

台湾 淡水 スタバ 夕日

こちらは台湾のベニスとも呼ばれる水辺の夕日スポット・淡水のスターバックス。5階建ての建物すべてが、スターバックスの客席となっています。沈みゆく夕日を眺めながらのコーヒータイムはとてもロマンチックですよ。

アフターファイブはスターバックスで旅行の計画を立てよう!

人気の観光地台湾は、週末を利用して気軽に訪れることができます。LCCを利用すれば、国内の旅行よりも安く済むのも魅力です。

アフターファイブに旅行会社でパンフレットをもらって、スタバでコーヒーを飲みながら、台湾旅行の計画を立ててみてはいかがですか?

(文・宮下あや)

ライタープロフィール

AFTR5編集部
お腹が減らないように動く省エネ女子。